編集者・ライターについて introduction

Introduction
Free editor & Free writer
若井憲 Ken.Wakai

経歴ってほどのものでありませんが

国語が大の苦手だった

もと理科系エンジニアで、子供の頃は国語が大の苦手だったという、ぼくは編集者とは思えない、ちょっと変わった経歴を持っています。学生の頃は暇さえあれば全国を旅して歩き回り、大学を卒業していったんはエンジニアとして職につきましたが、やっぱり旅のオモシロさを忘れることができず、結局、会社を辞め、旅行業界への転職を目指します。その志望動機は実に単純、毎日旅行ができるから、ただそれだけでした。もちろん、旅行業界はそんなに甘くはありませんが、若さゆえの愚かさだったのでしょう。

旅行業界に転職するための資格試験を受け、その結果を待つ間、アルバイトでもと開いた求人誌でみつけたのが「旅行ガイドブックの編集」という仕事でした。当時、編集者といえば人気の職業。編集の知識はゼロ、文章を書くのは相変わらず苦手なぼくが採用されるハズがないと思っていましたが、旅行に関する知識の豊富さだけで、奇跡的に採用してもらいました。まあ、アルバイトでしたらから、一時的なものと覚悟をしていました。

ところが、意外なことが起こったのです。

取材の必需品

人と違うことをすれば道は開ける!?

周りの人間は当然、すべて文系出身。私一人が理系出身でした。この理系と文系、自分ではあまり意識していませんでしたが、物事の捉え方が少々違うようです。

ある日、新シリーズの観光ガイドブックの企画のアイデア出しを言われ、ぼくは内容を考えるのは後回しにして、他社のガイドブックを全部買ってきて、それぞれの重さを測り、そこに一定の法則を見出したのです。そこから外見を決めて中味を攻める、そのような展開で企画を提案したところ、「きみのような考え方をする人間は初めてだ」と会社の上層部にウケて、正社員への道がひらけたのでした。

その後、東京の出版社で旅行雑誌の編集を10年以上行い、編集者としてはそれなりの実力をつけました。ただ、だんだんデスクワークが増え、現場(旅行先)との距離が遠のいていくのが寂しくもあり、いっそ、現場(観光地)側からの地に足が着いた情報発信をしてみたら面白いことができるんじゃないか、そんなこと考えるようになったのです。

ローカルメディアの面白味にハマる

そのころ、石川県金沢市にある印刷会社から「シニア向け雑誌の編集長をやらないか?」と声をかけていただき、金沢という観光地へ家族を連れて移住することになりました。今から20年近く前のことです。移住は家族の理解を得るのが難しいとよく言われますが、うちはカミさんが一度、金沢に旅行できたことがあり、「あんな素敵なところに住めるのなら」と、反対するどころか、大賛成してもらいました。

北陸の季刊誌の編集長を務めながら、ほかにも印刷物に限らず、デジタル媒体も使い北陸の魅力情報発信を行い、金沢市の食文化や石川県の里山里海の文化など、地域に埋もれつつある自然や文化に関する調査事業も手がけていくうち、深く地域の魅力を探り、発信することが面白くなってきました。さんざん仕事でやっても飽き足らず、家に帰って個人のブログでもそんな記事を毎晩書いていました。

高岡駅前(富山県)

自分が楽しまなければ楽しい情報なんて発信できない

地方の印刷会社の仕事は、限られた予算のものも多く、できることはなんでも自分でします。取材して記事を書いたり撮影をしたりすることは当然、時にはレイアウトやイラスト描きまでこなすこともあります。

ぼくがここに来たころは、「そもそも編集者って何をする人?」って聞かれたこともありました。情報発信の中味にこだわるより、とにかく作業を進めてほしい! そんな感じでした。でもそのおかげでぼくは編集者としての厚みを増すことができた、そう思っています。もちろん、体型のことではないですよ。

そして何より、「自分が楽しまなければ楽しさなんて伝える事ができない」、それを信条にしてきました。人からはよく「楽しそうなお仕事ですね」と言われますが、そう思われることが本望なのです。

赤兎山(福井県)

北陸の魅力をもっと発信していきたい

2017年、四苦八苦しながらも13年以上続けてきた季刊誌がついに休刊となりました。ここ数年は「編集が素晴らしい雑誌」という、ぼくにとってはこの上ない評価をいただくことが増えてきた矢先でしたので、とても残念ですが、これを機に、いま一度、編集者として、そして地の利を生かしたライターとして、独立して新しい道を進むことにしました。

紆余曲折してここまで来ましたが、そのおかげで人とは違う編集者になれたのではないか、そんなふうに思っています。

これからも、北陸から楽しい情報を、ぼくが率先して楽しみながら皆さんにお伝えしていくつもりです。北陸への恩返しの気持ちも込めて。

兼六園(石川県)

わかい・けん

神奈川県川崎市生まれ。弘済出版社(現:交通新聞社)にて、観光ガイドブックなどの書籍編集部、月刊『旅の手帖』編集部、JRグループのシニア会員誌『ジパング倶楽部』編集部を経て、石川県金沢市にある印刷会社から誘われ、20年近く前に金沢市に移住。その会社の出版部門に所属し、季刊誌『自然人』の編集長を務めた。季刊誌の休刊に伴い、2018年4月、フリーとなる。編集者としての経験は30年あまり。

ご依頼・お問い合わせ