作家紹介 interview

Interview
豆本工房わかい代表 製本家
若井将代 Masayo.Wakai

本が好き。その思いを一人でも多くの方と共有したいです。

本に関わる仕事がしたい

 子どもの頃から本を読むのが好きで、出版社に就職しました。退職後もアルバイトで、印刷会社や広告代理店、さらに書店と、文字や活字と縁がある仕事をしてきました。
 そして、自分で本に関わることを仕事にしていきたいと思い始めていたときに、「豆本」を紹介している本と出あいました。自分で豆本を作れるようになりたいと考えて独学で作り始め、もともと好きだった本が自分で作り出せる製本という仕事へひかれていくようになりました。
 製本がある程度できるようになって周囲の人に見せたら、「これで手帳を作って欲しい」と注文が入ってきました。中身はIllustratorで作り、それをインクジェットのプリンターで印刷したものでしたが、手作りならではの世界に一冊だけというのがうけて、地元のテレビ局でも取り上げられ、近所の雑貨店でも販売してもらい、評判となりました。
 手帳を作るようになると、製本だけでなくカルトナージュ(フランス伝統の厚紙工芸)の知識も必要となり、その勉強を始めました。そして、カルトナージュの技術を生かして、額縁やアルバムなども作り始め、さらに製本の技術と組み合わせ、現在は主力商品であるノートカバーを誕生させました。

使う人が元気になれる作品作り

 常に美しいものを作りたいと考えています。そして、丈夫さや使いやすさはもちろん、使う人が楽しくなり、元気が出てくる、そんな作品になればと願っています。イベントでは直接お客様の声を聞き、できるだけそれを取り入れ、常に良くしようと考えて日々進化させています。ノートカバーやカルトナージュ作品は一見簡単に作れそうに見えるかもしれませんが、今まで積み重ねてきたノウハウが随所に散りばめられているので、実は簡単には真似ができない、他にはないものになっています。より使いやすく、気持ちよく使えるものにとマイナーチェンジを繰り返して、完成度を上げています。
 「これを持つことで、仕事を頑張れるようなった」「丈夫で長持ちする」と言ってくださるお客様の声に励まされて、さらにいいものにしていこうと思っています。
 一方、豆本のアクセサリーなどは、身につけると人にちょっと自慢できたり、注目されたりします。それがきっかけとなって初対面の人とスムーズな会話ができたり、元気になったりしてもらえればと思います。

本のことがもっと好きになれるワークショップ

 本の作り方を教えることも積極的に取り組んでいます。読むということ以外で、本に関わる機会ってあまりないと思いますが、製本をしてみると、本への関心がさらに深まります。自分の手で本ができるとちょっと感動します。ワークショップの参加者から、「本当に本ができた!」という声をよく聞きますが、こちらまで嬉しくなってしまいます。ワークショップでは本格的な製本は難しいので、豆本や和綴じ、文庫本のハードカバーへのリメイクなど、誰でも簡単に作れるプログラムを提供しています。
 活字離れ、本離れという言葉を聞くと本好きな私には寂しく思いますが、製本を体験することで本好きを増やすことも、製本家にできることだと考えています。さらに製本だけでなく、本の中身を作ることを豆本を使って体験できる「ちょい編集長体験」プログラムなども考案し、より一層今までにない本の楽しみ方を提供できればと思います。そして本の魅力を見つめ直してくださり、本が好きと言ってくださる人を増やしていきたいです。

わかい・まさよ    
埼玉県生まれ。夫の転職をきっかけに1999年より金沢で暮らす。2006年より本格的に製本家としてデビューをする。石川、富山、福井を中心に、クラフトアートの作家が集うイベントなどに出展するかたわら、北信越の図書館や文学館、カルチャースクールなどでワークショップや製本教室を開催する。

写真と文:若井憲